サロンオーナーのコラム

【動画】緊張性頭痛の改善方法
呼吸が浅いセルフケア方法動画
2022/07/15

緊張性頭痛、こめかみの頭痛、しめつけらるような頭痛についてお伝えしています。

 

交感神経がたかぶったときに起こる頭痛がハチマキラインの緊張性頭痛です。

昔の受験生って、頭にハチマキを巻いて猛烈に勉強しているのをイメージしませんか?

 

そのハチマキを巻いて頭を締め付けるというのが、逆に交感神経をたかぶらせることができます。

戦闘モードで勉強をするということですね。

眠気に襲われずに済みます。

 

小学校高学年になってくると、赤白帽がキツくなるので

体育の時間や運動会などで帽子を長時間被っていると頭痛がしてくるのも

同じような作用です。

集中力が上がる一方で、交感神経がたかぶって頭痛が起こります。

 

ハチマキを巻くのもキツイ帽子を被るのも物理的に起こしていることですが

それ以外で、勝手に交感神経がたかぶってしまうことがあります。

それは「呼吸が浅い」ことです。

 

動画でほぐしているのは胸鎖乳突筋という筋肉です。

この胸鎖乳突筋は呼吸筋のうちのひとつなので、

呼吸が浅い、または胸式呼吸をやりすぎた場合に緊張することがあります。

 

一番大きな原因としては

デスクワークなどでパソコン画面に顔を近づけてしまっている動作や

手元のスマホに顔を近づけすぎということですが…

緊張する場面が多い方やストレスが多い方は

呼吸が浅くなって胸鎖乳突筋が緊張し、

胸鎖乳突筋によって交感神経幹が圧迫されて

交感神経が高ぶってこめかみの頭痛が起きてしまいます。

 

改善方法としては動画の通り、

胸鎖乳突筋をほぐすことで交感神経幹への圧迫が減って

交感神経が鎮まり、頭痛がおさまります。

 

根本改善としては

・パソコン画面に顔を近づけない

・スマホに顔を近づけない

・深くゆっくりした呼吸を心がける

 

呼吸に関しては、すぐにできることではありません。

いろんな呼吸法をがんばって試して、やっとできるようになるかなと。

 

でもご安心ください。

当サロンは呼吸専門サロンです。

呼吸を楽にする手技療法によって呼吸をすぐに楽にしていきます。

肺の胸膜や気管支などにアプローチする手技や

鼻詰まりなどを改善する手技がたくさんあります。

それらテクニックを人それぞれの呼吸に影響している原因を探って

アプローチしていきます。

 

肺への施術だけではなく、骨格矯正などもおこなっていくので

結果的に首肩こりが楽になって体全体が軽やかになって頭が冴えていきます。

しかもたかぶった交感神経が鎮まるので、心が穏やかな心地良い状態になっていきます。

 

南森町、天神橋筋商店街の1丁目にあるサロンなので

もし来れそうなら施術を受けてみてくださいね。

呼吸が浅い、自律神経失調にお悩みなら改善することができます。

ご予約はこちら

ネット予約はこちら